薬剤師の予備校を考えてみよう!!

薬剤師の予備校についての基礎知識をご紹介!


薬剤師の予備校

薬剤師を目指すにあたり、大学へ通い6年間の薬学部を目指す事となり、無事卒業を果たし、その上で、薬剤師試験を受け、合格する事が前提です。 つまり薬剤師になるためには、薬学部を卒業するというだけでなく、国家試験に合格する、という事が何より必須なのです。 つまりは、大学における卒業に向けた勉学に勤しむだけ得なく、国家試験に合格するための勉強も当然必要という事なのです。

そんな薬剤師という資格を目指し、それを目指す方々は、どのように勉強をしているか? 薬剤師が、国家試験合格のための勉強の方法には、予備校というものも存在し、薬剤師専門の予備校に通い、試験に合格するための専門的な授業を受けるというケースも非常に多く存在します。

薬剤師試験は、80%程度という非常に水準が高いものとなりますが、4年もしくは、6年間薬剤師になるための勉強を続け、大学へ通っていても、統計的に判断すると4人に1人は試験に不合格に至るという事が言えますから、薬剤師の国家試験は、決してやさしいものでなく、逆に、やはり難易度が高い試験である事は間違えないのです。

こうした状況を踏まえ、その試験に何としてでも合格するためにも、その試験対策には、予備校に通い、予備校が、その重要な役目をはたしているという事が言えるのです。 又、万が一、その試験に失敗した場合も薬学部を卒業することにより国家試験の受験資格を得る事ができるので、1年間勉強し、翌年に試験に備えるということもできます。

要するに、万が一薬剤師野国家試験に落ちてしまった場合は、予備校を活用し、対策をしながら過ごす事ができ、また次回の試験に合格するための準備をできることにつながります。 しかしながら、実は、一度試験に落ちた方、つまり既卒者は、合格率が、新卒者に比べ、非常に低くなり、およそ40%程度にまで落ち込んでしまいます。

ですから、こうした現実にきちんと前向きに取り組み、本格的な対策を行うためにも、予備校を上手く利用し、そこでの対策にこそ、大きな意味が持たれるという事なのです。 薬剤師野国家試験対策には、大学における学びだけでなく、予備校という存在が大きな役目を担う場合もあるという事がいえるのですが、実際薬剤師の予備校とは、限られているため、地方には存在しない事が多いため、薬剤師を目指す上で、予備校とまたその環境を整えておくという事も当然、視野に入れる必要も時として出てくるという事は、認識しておくべきではないかと考えるのです。

[PR]ドラッグストア求人