薬剤師の勤務実態を考えてみよう!!

薬剤師の勤務実態についての基礎知識をご紹介!


薬剤師の勤務実態を考えてみよう!!

薬剤師の勤務実態を考えると、実際、その仕事に携わらない人間から見て、時間もキッチリしているし、休みもきちんと確保できる、という感じで、尚且つお給料もよい仕事というイメージが強いですが、実際のところ、薬剤師さんの勤務実態とは、すべての薬剤師さんが、想像しているような悠々自適な生活をしているとは、限らないようです。

中には、夜間の緊急対応をしている病院に勤めている事から、当直勤務という事も存在し、まさに看護師同様な過酷な労働を強いられている場合も存在します。 又点滴の調剤を行う場合は、朝、早くから出勤しなければいけないというケースも存在するので、薬剤師さんの勤務実態は、実は、その就業場所により、大きく異なり、悠々自適な生活とは、ほど遠い、仕事&帰宅の日々を送るという薬剤師さんも少なくないようです。

そもそも、薬剤師の仕事を考えると、最近は、調剤だけ行えば、良いという事でなく、服薬指導、管理と、場所により求められる役割は異なるものの、簡単な仕事でも楽な仕事でもありません。 また、前文に紹介したような、夜勤があり、早朝の作業もあるという病院に勤めている事により、薬剤師も一定の時間帯で働くわけではなく、薬剤師同士の中でシフトを決めて働きケースも非常に多く、尚且つ担当する部署によりその勤務時間等も大きく変わるという風にいわれていますから、やはり薬剤師も就職もしくは、転職を考える場合、他の仕事同様に、条件等をよく認識し、検討される事が良いと言えるでしょう。

こうして薬剤師の勤務状態をみると、やはり医療機関に携わる存在による勤務状況は、やはり過酷でないとは言えない部分が多分にあると思います。 最近は、病院等と共存している薬局も存在し、そうした薬局は、やはりその性格上、病院の開閉に関係なく、営業を行い、尚且つその病院が夜間営業をする場合、薬局自体も夜間営業をする事となりますから、こうした薬局で働くと尚更、その業務の実態は過酷とも言えるものだという事なのです。

更には、在宅医療にも薬剤師が昨今重要な存在となり、患者の元に訪れ服薬指導等を行う事となりますから、そうした勤務は、当然、時間通りに進む事が不可能です。 色々な側面から、薬剤師の勤務実態をみていくと、やはり医療に携わる存在は、なにも医師や看護師に限らず、薬剤師も同様に大変な勤務実態であるという事なのです。 もちろん、中には、時間から時間、勤務し、その日は終了という薬剤師さんもおりますが、選択肢により、薬剤師の仕事は過酷な仕事という事は確かと言えるのです。