薬剤師の助手とは

薬剤師の助手についての基礎知識をご紹介!


薬剤師の助手とは

病院、もしくは、クリニックの中には、薬剤師の他にも、薬剤師の助手が存在する場合もあります。 またその仕事の内容は?というと、入院患者の定期処方箋の薬を作ること、これは、医薬品の保管される棚から薬を、分包機で一包化し、薬の確認をするというものですが、他にも入院患者さんの臨時処方箋作り等を行い、この場合の主な業務としては、軟膏や粉剤の調合ということになります。

定期処方の薬は、当然最後に、薬剤師が確認し病棟へ渡す事となりますが、今ご紹介したような薬を作るには、この薬剤師資格が無い、薬剤師の助手が行う事となると言います。 もちろん、この資格のない助手薬剤師が、薬を作る間は、薬剤師資格のある本物の薬剤師は調剤室にいない、薬局内にいない状態も多々あると言います。

こうした、専門職であり、その専門職に伴う専門の技術を要する、薬剤師の仕事を、実は無資格の人間にさせている病院が実際存在するのです。 臨時の処方の際も、実は、この助手薬剤師が行い、薬剤師が存在する場合は、確認させるものの、いない場合は、看護師へそのまま助手薬剤師の調合する薬がわたります。

このような、信じられない現実が、どことは、断定できないにしても実際存在しますから、恐ろしい話です。

そもそも、こうした、薬剤師の資格を持たない助手に薬を作らせる等というような行為は、言うまでもなく違法です。 薬剤師の仕事というのは、そもそも処方箋の監査を行い、薬剤の監査を行う、また、投薬を行い、服薬指導を行い、指導歴なども作成します。 こうした仕事はすべて、国家資格をきちんと受け、それに合格し資格を得た方のみが、できる、役目となる作業なので、実際は、ありえない話ではありますが、現実的にそうした病院が本当に存在し、そこにいる、薬剤師もそれを許しています。

なぜ?助手という名目の薬剤師資格のないものへ、そうした行為をさせるかは、疑問な部分ですが、事実、このように、薬剤師一人できりもりする調剤室の中では、こうした状況に至るケースも多いので、医薬分業の進歩に伴い、病院の薬剤師人数もぐっと減りましたが、そうした事等も背景に、このような事態が起きているとも考えられますが、万が一、その調剤により、大事に至る事件が起きたとすれば、考えただけで、恐ろしい事ですが、やはり薬局をはじめ、病院等も、薬剤師の人員というものは、必要最低限確保すべきではないかと思いますし、そうしなければ、もしかすると、国民の健康にも害が及ぶなどという事も考えられるのではないかと思うのです。

[PR]ショップスタッフの年収について検索